Top >  世界のショコラ・ショコラティエ >  世界3大ショコラティエ >  アンリ・ルルー(Henri Le Roux)-フランスのショコラティエ-

アンリ・ルルー(Henri Le Roux)-フランスのショコラティエ-

サロン・ド・ショコラ東京で日本にお目見えして以来、ショコラマニアの舌と記憶にしっかり名を刻んだのが、アンリ・ルルーでしょう。新宿伊勢丹のバレンタインフェア(およびサロン・ド・ショコラ)には必ず出展しています。
アンリ・ルルーの代表作は、実はキャラメルです。ショコラティエなのになぜキャラメルなのか、不思議に思うところですが、そのキャラメルは森永やグリコのキャラメルとは似ても似つかない、美しい風情と味わい深さです。
殊にスペシャリテの「塩バターキャラメル(C.B.S:キャラメル・ブール・サレ)」によって、彼は世界で唯一のキャラメリエ(キャラメル職人)の称号を得ています。是非、一度ほんのりとした塩加減とコクのバランスをお試し下さい。

フランス・ブルターニュ地方でパティシエである父にパティスリーを、その後スイスでチョコレートを学び、1977年にご婦人のふるさとブルターニュ地方のキブロン半島の港町にもどり、塩バターキャラメルが生まれたそうです。今では、塩とキャラメルの組み合わせは、パティシエたちがこぞって取り入れる味わいとなりました。


公式HP
TOPページには「ショコラティエ、キャラメリエ」の文字が。

         

世界のショコラ・ショコラティエ

世界各国のチョコレートメーカー・ショコラティエをご紹介します。

世界3大ショコラティエ

「世界3大ショコラティエ」といわれる、ラ・メゾン・デュ・ショコラとジャン・ポール・エヴァンとアンリ・ルルーを特集します。

関連エントリー

アンリ・ルルー(Henri Le Roux)-フランスのショコラティエ- ジャン・ポール・エヴァン(JEAN PAUL HEVIN)-フランスのショコラティエ- ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)-フランスのショコラティエ- カッセル(Cassel)-フランス・フォンテーヌブローのショコラティエ- ブイエ(Bouillet)-フランス・リヨンのショコラティエ- フレッソン(Fresson)-フランス・ロレーヌのショコラティエ- メゾン・フェルベール(Maison Ferber)-フランス・アルザスのショコラティエ- アルノー・ラエール(Arnaud Larher)-フランス・パリのショコラティエ- ジャック・トーレス(Jacques Torres)-アメリカのショコラティエ- ジャン=シャルル・ロシュー(Jean-Charles Rochoux)-フランス・パリのショコラティエ- ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)-フランス・ブルゴーニュのショコラティエ- プラリュ(Pralus)-フランス・ロアンヌのショコラティエ- デルレイ(Del_Rey )-ベルギーのショコラティエ- ゴディバ(DODIVA )-ベルギーのショコラティエ- イルサンジェー(Hirsinger)-フランス・ジュラ地方のショコラティエ- ティエリー・ミュロップト(Thierry Mulhaupt)-フランス・アルザスのショコラティエ- サロン・ド・テ・スリジェ(Salon de the Cerisier)-日本のショコラティエ- ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ(Musee du Chocolat Theobroma)-日本のショコラティエ- レダラッハ(Laderach)-スイスのショコラティエ- 100%チョコレートカフェ(100% Chocolate Cafe)-日本のチョコレートメーカー- オッジ(OGGI)-日本のチョコレートブランド- フランク・ケストナー(frank_kestener)-フランス・ロレーヌのショコラティエ- コペヌール(coppeneur)-ドイツのショコラティエ- パトリック・ロジェ(patrick_roger)-フランスのショコラティエ- ベルナシオン(bernachon)-フランス・リヨンのショコラティエ- グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-イタリアのショコラティエ- アンリ・ルルー(Henri Le Roux)-フランスのショコラティエ- ジャン・ポール・エヴァン(JEAN PAUL HEVIN)-フランスのショコラティエ- ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)-フランスのショコラティエ-


スポンサードリンク
ショコラマニアをお気に入りに

My Yahoo!に追加
Add to Google