Top >  ブランド >  グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-イタリアのショコラティエ-

グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-イタリアのショコラティエ-

グイド・ゴビーノ「ジャンドゥイオッティ詰め合わせ」

グイド・ゴビーノ

トリノは2006年冬季オリンピックの開催地ですが、チョコレートでも有名で、ジャンドゥーヤ(「ジャンドゥイオッティ」と呼ばれる)が名物です。イタリアではミラノがファッションの中心地と呼ばれるように、トリノはチョコレートの中心地といわれます。そのトリノのショコラティエが「グイド・ゴビーノ」です。
一番のおすすめはなんといっても「ジャンドゥイオッティーノ」と名づけられたジャンドゥーヤでしょう。

以下、代表的な商品のラインナップです。

  • ジャンドゥイオッティーノ  トリノット

  • ジャンドゥーヤは、もともとトリノの名産物で、1800年代中ごろからの歴史を持ちます。ナポレオン時代、カカオの輸入がとだえたトリノの人々が、カカオの代わりにこの地方特産のヘーゼルナッツをすりつぶしチョコレートと合わせたのが始まりです。つまり、ヘーゼルナッツでチョコレートを水増ししたというわけですね。そんな由来を持ちながらも、できたお菓子はすばらしい味の調和を見せ、たちまちトリノの名産となりました。
    先代の父ジュゼッペ・ゴビーノ氏のチョコレート工房を継いだグイド・ゴビーノが、このトリノの伝統菓子ジャンデゥーヤにさらに洗練された完成度を与え、製品化しています。
    ガーナ産アクラ種のカカオ(アフリカ産のアロマのないタイプ)をベースに、エクアドル産アリバ種の強いカカオで味を引き締め、高品質のピエモンテ産ヘーゼルナッツを、グイド・ゴビーノ氏自らが選別し、精製し、焙煎して作り上げたコクのある逸品です。

  • ジャンドゥイオッティーノ トリノット トリノット マキシモ

  • ミルクを一切使用せず、ベネズエラ産カカオ、イタリア ピエモンテ産ヘーゼルナッツと砂糖のみで作られたジャンドゥイオッティーノ。「ジャンドゥイオッティーノ  トリノット」と比べ、アフターによりカカオの風味がする、大人のチョコレート。


  • チャルディーネ デグスタツィオーネ

  • 丸い円盤型の、カカオの粒の入った板チョコです。この粒は実はアリバ。板チョコに独特の食感と芳ばしい風味を与えます。シルバー、ゴールド、オレンジ、ブロンズのメタリックな4色の種類がありますが、いずれも産地の異なるカカオを使用しています。「デグスタツィオーネ」とはイタリア語で「試食」のこと。
      ・シルバー
      ガーナ産とエクアドル産のカカオ。カカオ60%。力強い風味。
      ・ゴールド
      ベネズエラ産カカオ。カカオ70%。スパイシーな風味からフローラルに変化します。
      ・オレンジ
      ジャワ産カカオ。カカオ70%。酸味とかすかにタバコの香り。
      ・ブロンズ
      トリニーダ産カカオ。カカオ80%。心地よい苦さとジンジャーのような味覚。

    ショコラティエ:グイド・ゴビーノ
    公式HPグイド・ゴビーノ
    SHOP
    残念ながら、日本のお店はありません。 商品はバレンタイン時期の全国の伊勢丹、京王百貨店、阪急などで取り扱っています。 あるいは、冬季限定でWEB購入できます。詳しくは公式HPで。

    レビュー:
    グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-ジャンドゥイオッティーノ トリノット:ブロンズ-
    「ジャンドゥイオッティーノ  トリノット」です。
    グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-ジャンドゥイオッティーノ トリノット:シルバー-
    「ジャンドゥイオッティーノ トリノット トリノット マキシモ」です。
    グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-ジャンドゥイオッティーノ トリノット:レッド-
    コーヒー風味のジャンドゥーヤです。

             

    ブランド

    関連エントリー

    カッセル(Cassel)-フランス・フォンテーヌブローのショコラティエ- ブイエ(Bouillet)-フランス・リヨンのショコラティエ- フレッソン(Fresson)-フランス・ロレーヌのショコラティエ- メゾン・フェルベール(Maison Ferber)-フランス・アルザスのショコラティエ- アルノー・ラエール(Arnaud Larher)-フランス・パリのショコラティエ- ジャック・トーレス(Jacques Torres)-アメリカのショコラティエ- ジャン=シャルル・ロシュー(Jean-Charles Rochoux)-フランス・パリのショコラティエ- ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)-フランス・ブルゴーニュのショコラティエ- プラリュ(Pralus)-フランス・ロアンヌのショコラティエ- デルレイ(Del_Rey )-ベルギーのショコラティエ- ゴディバ(DODIVA )-ベルギーのショコラティエ- イルサンジェー(Hirsinger)-フランス・ジュラ地方のショコラティエ- ティエリー・ミュロップト(Thierry Mulhaupt)-フランス・アルザスのショコラティエ- サロン・ド・テ・スリジェ(Salon de the Cerisier)-日本のショコラティエ- ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ(Musee du Chocolat Theobroma)-日本のショコラティエ- レダラッハ(Laderach)-スイスのショコラティエ- 100%チョコレートカフェ(100% Chocolate Cafe)-日本のチョコレートメーカー- オッジ(OGGI)-日本のチョコレートブランド- フランク・ケストナー(frank_kestener)-フランス・ロレーヌのショコラティエ- コペヌール(coppeneur)-ドイツのショコラティエ- パトリック・ロジェ(patrick_roger)-フランスのショコラティエ- ベルナシオン(bernachon)-フランス・リヨンのショコラティエ- グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-イタリアのショコラティエ- アンリ・ルルー(Henri Le Roux)-フランスのショコラティエ- ジャン・ポール・エヴァン(JEAN PAUL HEVIN)-フランスのショコラティエ- ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)-フランスのショコラティエ-


    スポンサードリンク
    ショコラマニアをお気に入りに

    My Yahoo!に追加
    Add to Google