Top >  ブランド >  パトリック・ロジェ(patrick_roger)-フランスのショコラティエ-

パトリック・ロジェ(patrick_roger)-フランスのショコラティエ-

パトリック・ロジェ(patrick_roger)

2000年ショコラティエM.O.F取得の実力派。コンセプトは「フルーツとチョコレートのマリアージュ」。「カラー」というショコラ・アソートは半円形の、黄緑やオレンジ・黄色の南洋を思わせる色とりどりのボンボンショコラの詰め合わせで、なんと¥12,075。個性あふれるテイストのボンボンショコラです。

2007年サロン・ド・ショコラ店頭限定発売の「シクローヌ」一粒¥2100を購入しましたが、値段に違わぬすばらしいショコラでした(下にレビューリンクがあります)。

フランス語版のHPは、動画を使って視覚的に訴えてきますので、十分楽しめます。
「MY CUISINE」のコーナーを見ると、フルーツショコラばかりでなく「カラカス」「エチオピア」「マラカイボ」「セイロン」など、プレーンガナッシュもあり、昨年あたりはこれらのボンボンショコラが入ったセットが販売されていました。
「ALMOND PASTE(アーモンド・ペースト。マジパン細工のここと)」では、とてもかわいらしくカラフルな動物たちが出てきて、とてもキュートでかわいらしく、それでいながら異国フランス文化を感じます。こんな才能をお持ちの方なのですね。「カラー」のあの宝石のような造形と色彩感覚がわかる気がします。


ショコラティエ:パトリック・ロジェ
公式HPパトリック・ロジェ(仏版)
SHOP
残念ながら、日本のお店はありません。商品はバレンタイン時期の全国の伊勢丹、丸井等のデパートで取り扱っています。WEBショップでも限定輸入されることがあるようです。


レビュー:
パトリック・ロジェ(patrick_roger)-ボンボンショコラ(シクローヌ)-
2007年サロン・ド・ショコラ店頭限定発売の「シクローヌ」のレビューです。


         

ブランド

関連エントリー

カッセル(Cassel)-フランス・フォンテーヌブローのショコラティエ- ブイエ(Bouillet)-フランス・リヨンのショコラティエ- フレッソン(Fresson)-フランス・ロレーヌのショコラティエ- メゾン・フェルベール(Maison Ferber)-フランス・アルザスのショコラティエ- アルノー・ラエール(Arnaud Larher)-フランス・パリのショコラティエ- ジャック・トーレス(Jacques Torres)-アメリカのショコラティエ- ジャン=シャルル・ロシュー(Jean-Charles Rochoux)-フランス・パリのショコラティエ- ファブリス・ジロット(Fabrice Gillotte)-フランス・ブルゴーニュのショコラティエ- プラリュ(Pralus)-フランス・ロアンヌのショコラティエ- デルレイ(Del_Rey )-ベルギーのショコラティエ- ゴディバ(DODIVA )-ベルギーのショコラティエ- イルサンジェー(Hirsinger)-フランス・ジュラ地方のショコラティエ- ティエリー・ミュロップト(Thierry Mulhaupt)-フランス・アルザスのショコラティエ- サロン・ド・テ・スリジェ(Salon de the Cerisier)-日本のショコラティエ- ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ(Musee du Chocolat Theobroma)-日本のショコラティエ- レダラッハ(Laderach)-スイスのショコラティエ- 100%チョコレートカフェ(100% Chocolate Cafe)-日本のチョコレートメーカー- オッジ(OGGI)-日本のチョコレートブランド- フランク・ケストナー(frank_kestener)-フランス・ロレーヌのショコラティエ- コペヌール(coppeneur)-ドイツのショコラティエ- パトリック・ロジェ(patrick_roger)-フランスのショコラティエ- ベルナシオン(bernachon)-フランス・リヨンのショコラティエ- グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)-イタリアのショコラティエ- アンリ・ルルー(Henri Le Roux)-フランスのショコラティエ- ジャン・ポール・エヴァン(JEAN PAUL HEVIN)-フランスのショコラティエ- ラ・メゾン・デュ・ショコラ(LA MAISON DU CHOCOLAT)-フランスのショコラティエ-


スポンサードリンク
ショコラマニアをお気に入りに

My Yahoo!に追加
Add to Google